厚生労働省は2018年3月5日、4月1日付で実施される2018年度の薬価改定について官報告示した。ネキシウム(エソメプラゾールマグネシウム水和物)、タケキャブ(ボノプラザンフマル酸塩)、サインバルタ(デュロキセチン塩酸塩)などの薬価を引き下げる。

ネキシウム、タケキャブ薬価が16.1%引き下げの画像

ログインして全文を読む