2018年2月7日、2018年度調剤報酬改定の個別改定項目と点数が決まった。医療機関と連携し内服薬の処方を減らす服用薬剤調整支援料(125点)を新設したほか、重複投薬・相互作用等防止加算服薬情報等提供料など、連携に関わる点数を引き上げた。

服用薬剤調整支援料は125点、連携を評価の画像

ログインして全文を読む