中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2018年2月7日に開催され、2018年度調剤報酬改定の個別項目と点数について、厚生労働大臣に答申した。

 薬剤服用歴管理指導料は、「1.原則6カ月以内に処方箋を持参した患者に対して行った場合」の点数が38点から41点に、「1の患者以外の患者に対して行った場合」が50点から53点に、「特別養護老人ホーム入所者に対して行った場合」が38点から41点に、それぞれ3点アップした。

薬歴管理料3点アップ、手帳活用ない薬局は13点の画像

ログインして全文を読む