中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2018年2月7日開催され、2018年度調剤報酬改定の個別項目と点数について、厚生労働大臣に答申した。

 後発医薬品調剤体制加算(後発品の調剤数量が65%以上で18点、75%以上で22点)は、「75%以上で18点」「80%以上で22点」「85%以上で26点」と3段階となる。

後発品加算は「75%、80%、85%」の3段階にの画像

ログインして全文を読む