2017年12月8日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会では、2018年度改定に向けて調剤報酬の議論を行った。かかりつけ薬剤師指導料については、調剤基本料2、3を算定している薬局が同指導料を薬剤師1人当たり月100回以上算定すると基本料1を算定できるという「特例対象からの除外ルール」を、廃止も視野に見直すことを提案。大手チェーンなどに打撃を与えそうだ。

「かかりつけ月100回」特例除外、廃止かの画像

ログインして全文を読む