2017年11月16日、内閣官房行政改革推進会議の「秋の年次公開検証(秋のレビュー)」で、調剤技術料をテーマに議論が行われた。 行政改革推進会議は、行政改革に関する重要事項の調査や審議を実施する目的で開催。議長は安倍晋三首相で、行政改革担当大臣、内閣官房長官などのほか、首相が指名した識者などが構成員を務める。

調剤技術料、「報酬と実態に乖離あるのでは」の画像

ログインして全文を読む