2018年度診療報酬・調剤報酬改定でも引き続き大きなテーマになるとみられる多剤・重複投薬や残薬への対応。2017年11月10日に開かれた中央社会保険医療協議会(中医協)総会でも、「16年度診療報酬改定結果検証に係る特別調査」において、薬局による関連報酬の算定状況や患者側からみた現状、医療機関が連携に当たり求めていることなどについて調査した結果が報告された。

かかりつけの届出薬局、疑義照会などに積極姿勢の画像

ログインして全文を読む