2017年11月10日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会では、在宅医療をテーマに議論が行われた。在宅薬剤管理の見直しの論点に上がったのは、無菌調剤や小児在宅といった、専門技術や設備を必要としたり、業務負担が大きかったりするために、対応できる薬局数がまだ不十分な分野を充実させるための方策だ。

無菌調剤や小児在宅を評価する案を提示の画像

ログインして全文を読む