イブプロフェンを1日量として600mg配合した、かぜ薬のパブロンエースProが錠剤と微粒で登場した。イブプロフェンを1錠に200mg含有するイブメルトは、OTC解熱鎮痛薬では国内初の口腔内崩壊錠だ。独自のマスキング技術によりイブプロフェンの苦味を抑え、レモンライム味を付け、飲みやすくしている。スクラートGは水なしで飲める、グレープフルーツ味の液タイプの胃腸薬で、独自開発の粘膜付着性ゲルで患部に有効成分がとどまりやすくした。

ログインして全文を読む