薬局薬剤師による受診勧奨の頻度は、勤務時間が週20時間以上になると、常勤(週40時間以上)と同程度になることが明らかになった。茨城市薬剤師会のアンケート結果によるもので、同薬剤師会理事の松浦正佳氏らが、第50回日本薬剤師会学術大会にて口頭で発表した。

受診勧奨の頻度、「週20時間」で常勤と同等にの画像

ログインして全文を読む