中央社会保険医療協議会(中医協)は2017年10月18日に開かれた総会で、精神医療について議論。論点の1つに向精神薬の処方が挙がった。特にベンゾジアゼピン系薬剤の長期連用などの使用実態が問題視され、薬剤数や処方期間の取り扱いのほか、「薬剤師や薬局と連携した薬物療法の推進」が議論のたたき台として示された。

向精神薬の使用巡り薬剤師、薬局との連携推進への画像

ログインして全文を読む