10月13日、都内で開催されたデジタルヘルスDAYS 2017(主催:日経BP社)で、日本調剤(東京都千代田区)専務取締役の三津原庸介氏が、「『薬剤師×ICT』で変わる日本の医療」と題して講演。自社開発の電子お薬手帳アプリ「お薬手帳プラス」を活用した同社のICT(情報通信技術)に関わる取り組みなどを紹介した。

電子お薬手帳で薬局の継続利用率向上の画像

ログインして全文を読む