かかりつけ薬剤師による患者宅の訪問が、服薬アドヒアランス向上に有用であることが、10月8日、都内で開かれた第50回日本薬剤師会学術大会で報告された。パワーファーマシー中央薬局岩舟店(栃木県栃木市)管理薬剤師の加藤雅貴氏が発表し、患者・家族との信頼関係向上にもつながったと、その効果を語った。

かかりつけ薬剤師の患者宅訪問に手応えの画像

ログインして全文を読む