9月15日、日本保険薬局協会(NPhA)が、会員薬局を対象に行った調査結果「ジェネリック医薬品及びかかりつけに関するアンケート報告書」を公表した。後発医薬品調剤体制加算について、要件の厳しい「加算2」の算定が41.8%超と、「加算1」(36.7%)を上回り、後発品使用が進んでいる実態が明らかになった。

後発医薬品調剤体制加算、加算2算定が4割超の画像

ログインして全文を読む