中央社会保険医療協議会(中医協)薬価専門部会が2017年9月13日、開催された。この日は、現在議論されている薬価制度の抜本改革について、関係する業界団体の意見陳述が行われた。新薬創出・適応外薬解消等促進加算制度の対象範囲の縮小に対して反対を唱えるなど、新薬の開発やイノベーションへの評価を求める意見が相次いだ。

「健保連と協会けんぽの後発品使用率は7割を達成」の画像

ログインして全文を読む