厚生労働省医薬・生活衛生局は9月8日、8月末に同省が公表した2018年度予算概算要求のうち、薬剤師・薬局関係予算の概要をまとめた資料を同省ウェブサイトに公表した。予算の大半を占めるのは、17年度に引き続いて計上した「患者のための薬局ビジョン推進事業費」で、在宅医療や情報通信技術(ICT)の活用、薬薬連携などをテーマとしたモデル事業の実施などを打ち出している。

薬局ビジョン推進事業に2億4000万円の画像

ログインして全文を読む