厚生労働省の社会保障審議会医療保険部会で、2018年度診療報酬改定の基本方針についての議論がスタートした。この基本方針に基づいて、中央社会保険医療協議会(中医協)で個別の診療報酬・調剤報酬の算定要件や点数設定についての詳細が検討されることになる。2017年9月6日の同部会では、厚労省が改定の基本方針として「改定に当たっての基本認識」と「改定の基本的視点と具体的方向性」を掲げることとし、そのたたき台を示した。

次期調剤報酬改定はかかりつけ、門内薬局が焦点にの画像

ログインして全文を読む