栄養指導に取り組む薬局が増えている。栄養指導の対象は、生活習慣病の患者が多いものの、「妊娠可能な若い女性にこそ、栄養指導が必要」と早稲田大学理工学研究所研究院教授の福岡秀興氏は訴える。なぜ今、若い女性への栄養指導が重要なのか、福岡氏に聞いた。

「小さく産んで大きく育てる」は誤りの画像

ログインして全文を読む