厚生労働省は7月14日、不適切な多剤併用(ポリファーマシー)の問題を議論する「高齢者医薬品適正使用検討会」の第3回の会合を開催した。今回は、在宅における高齢者の薬物療法の実態や療養病床における薬剤使用に関するアンケート結果などが、参考人や委員から紹介され、意見交換が行われた。

在宅での薬剤管理の必要性を委員で共有の画像

ログインして全文を読む