日本調剤(東京都千代田区)は2017年7月13日、2016年度調剤報酬改定で創設されたかかりつけ薬剤師の取り組みによる実績をまとめた。2016年10月から17年6月にかけて、同社のかかりつけ薬剤師が患者の服薬状況や残薬の確認・調整を行った結果、同社全体で薬剤費8440万円の削減効果があったと発表。1年後の17年9月末までに削減額が1億円を超えるとの見解を示している。

日調、かかりつけ制度で年間1億円の削減効果の画像

ログインして全文を読む