山梨県立中央病院(甲府市)は2017年7月5日、同院薬剤部にあった向精神薬のゾルピデム酒石酸塩(商品名マイスリー他)を、昨年の8月以降に約3万7000錠紛失したと発表した。山梨県立中央病院(甲府市)は7月5日、同院薬剤部にあった向精神薬のゾルピデム酒石酸塩(商品名マイスリー他)が、昨年の8月以降に約3万7000錠紛失したと発表した。紛失が発覚したきっかけは、7月2日日曜日に出勤した薬剤師が、調剤棚のゾルピデムの少なさに気付いたこと。

ログインして全文を読む