厚生労働省は2017年7月4日、コデイン類含有製剤について「12歳未満の小児には投与しない」旨を重要な基本的注意に記載するよう、添付文書の改訂を指示した。12歳未満の用法を有するOTC薬については、「12歳未満の小児には、医師の診療を受けさせることを優先すること」と、添付文書だけでなく外箱にも記載するよう求めている。

コデイン類の添付文書改訂を指示、OTC薬もの画像

ログインして全文を読む