厚生労働省は2017年6月30日、「平成28年度医療用医薬品の広告活動監視モニター事業」の報告書を公表した。医薬品等の広告で適切性が疑われる事例が、2016年度中の3カ月間で39件報告されている。

医薬品の広告宣伝、3カ月で39の不適切事例の画像

ログインして全文を読む