厚生労働省の「医療用医薬品の偽造品流通防止のための施策のあり方に関する検討会」は2017年6月21日、中間とりまとめを公表した。2017年1月にC型肝炎治療薬ハーボニー配合錠(一般名レジパスビルアセトン付加物・ソホスブビル)の偽造品が患者に提供された事案を踏まえ、偽造品流通の再発防止について、直ちに対応すべき対応を中心にまとめている。

偽造品流通防止検討会、中間取りまとめを発表の画像

ログインして全文を読む