厚生労働省は6月23日、不適切な多剤併用(ポリファーマシー)の問題を議論する「高齢者医薬品適正使用検討会」の第2回の会合を開催した。今回は、高齢者特有の薬物動態や有害事象例、高齢者への多剤処方の現状などが、各委員から紹介され、意見交換が行われた。

高齢者特有の有害事象や多剤処方の現状を議論の画像

ログインして全文を読む