バイエル薬品(大阪市北区)は2017年5月26日、抗凝固薬イグザレルト(一般名リバーロキサバン)について、副作用症例12例の報告遅延があったことを公表した。これを受けて厚生労働省は5月29日、同社に対して、同様の報告漏れや遅延がないか、全ての医薬品について調査し、遅延の原因などとともに報告するよう命じた。期限は7月31日まで。

バイエル、イグザレルトの副作用報告漏れの画像

ログインして全文を読む