2017年3月31日付で「薬局間における医療用医薬品の譲受・譲渡に関するガイドライン」が公開された。日本薬剤師会、日本保険薬局協会(NPhA)、日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)の3団体が作成したもので、医薬品名や使用期限、製造番号、使用期限、譲受(譲渡)先情報などを書面に記録し、3年間保存することなどを求めている。

薬局間の医薬品譲受・譲渡ガイドラインが公開の画像

ログインして全文を読む