2017年2月25日、26日に行われた第102回薬剤師国家試験(国試)について、学校法人医学アカデミー 薬学ゼミナール(薬ゼミ)は、予想合格率は72.6〜70.0%、新卒者に限ると80%超になるとの試算を明らかにした。平均総合得点率は、第101回より低い69.9%。試験の難易度について学長の木暮喜久子氏は、「第101回国試より難しく第100回国試より易しい、『やや難』だった」と評価する。

第102回薬剤師国試、合格率を7割超と予想の画像

ログインして全文を読む