武田薬品工業、武田テバ薬品は2017年3月8日から、同社が製造販売するプロトンポンプ阻害薬タケプロンOD錠15(一般名ランソプラゾール)の自主回収(クラスII)を開始した。医療施設で異物(毛髪)の混入したタケプロンOD錠15が1錠確認されたため。

毛髪混入でタケプロンOD錠を自主回収の画像

ログインして全文を読む