2月19日、都内で保険薬局経営者連合会(薬経連)スプリングフォーラム2017が開かれ、会長の山村真一氏が講演「私たちが目指す薬局像とは」に登壇した。講演の中で山村氏は、2018年度調剤報酬改定に触れ、かかりつけ薬剤師指導料の算定対象を高齢者に絞ることを提案し、その意義を語った。

かかりつけ指導料、対象を高齢者に絞っては?の画像

ログインして全文を読む