ギリアド・サイエンシズは2017年1月17日、同社が販売するC型肝炎治療薬ハーボニー配合錠(一般名レジパスビルアセトン付加物・ソホスブビル)の偽造品が、奈良県内の特定のチェーン薬局で発見されたことを公表した。これを受けて、薬局でハーボニーを患者に交付する際は必ず、患者の前で製品を開封し、アルミシールや錠剤の形状、数量などを確認するよう求めている。

ハーボニー「偽造品」発見で注意喚起の画像

ログインして全文を読む