財務省は2016年10月4日に開かれた財政制度等審議会 財政制度分科会において、社会保障費の抑制に向けた医療・介護保険制度の改革案を提示した。高額薬剤の薬価算定における費用対効果の評価や、スイッチOTC化された医療用医薬品の保険給付の在り方の見直しなどを盛り込んだ。財政審は11月ごろ2017年度予算編成に関する建議を取りまとめる見通し。

財務省、ニボルマブの早急な薬価引き下げを提案の画像

ログインして全文を読む