厚生労働省は2016年9月13日、2015年度の調剤医療費(電算処理分)は7兆8192億円だったと発表した。対前年度の伸び率9.3%で、13年度6.1%、14年度2.3%に比べ大幅に伸びた。処方箋1枚当たりの調剤医療費は9546円(+7.3%)で、薬剤料が7299円(76.5%)を占めていた。C型肝炎治療薬の登場が薬剤料の大幅な伸びにつながったとみられる。

2015年度の調剤医療費は7兆8192億円、伸び率9.3%の画像

ログインして全文を読む