全国に579店舗の保険薬局を展開する総合メディカル(福岡市中央区)は2016年8月17日、同社の薬剤師約1500人を対象とした「かかりつけ薬剤師 現場研修プログラム」を開始したと発表した。地域住民への健康サポート機能をさらに強化し、患者に選ばれるかかりつけ薬剤師を増やしていきたい考えだ。直営のそうごう薬局439店舗から始め、グループ薬局140店舗にも随時展開していく見通し。

総合メディカル、かかりつけ薬剤師の研修を開始の画像

ログインして全文を読む