2016年度の調剤報酬改定において、後発医薬品調剤体制加算の算定要件が厳格化された結果、同加算の届け出薬局が減少したことが分かった。日本アルトマーク(東京都港区)が16年6月、全国の厚生局に対して調査を実施し、改定前(16年1月)の結果と比較した。

ログインして全文を読む