2014年7月、「医薬品開発と適正な情報提供のための薬物相互作用ガイドライン(最終案)」が公表された。検討班の幹事を務める千葉大学大学院薬学研究院教授の樋坂章博氏に、現場の薬剤師が知っておく同べきガイドラインのポイントや、薬物相互作用のマネジメントの考え方について話を聞いた。(インタビューは2016年7月12日に実施)

「薬物相互作用ガイドラインを現場で活用して」の画像

ログインして全文を読む