2017年半ばに70%以上、18〜20年度末までのなるべく早い時期に80%以上――。15年6月に「経済財政運営と改革の基本方針2015」(骨太方針)でこのような後発医薬品の使用目標が掲げられて1年。各業界はどのような取り組みを行ってきたのか。7月9〜10日に開催された日本ジェネリック医薬品学会第10回学術大会のシンポジウムで、「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」検証検討事業の委員らが、各業界の取り組みの現状と課題について報告した。

各業界が後発品使用促進の取り組み継続の画像

ログインして全文を読む