厚生労働省は2016年7月4日、てんかん部分発作治療薬オクスカルバゼピン(商品名オクノベル錠150mg、オクノベル錠300mg、オクノベル内用懸濁液6%)の製造販売を承認するとともに、使用に当たっての留意事項を周知する通知を発出した。国内臨床試験において、漸増期間に高度の発疹が認められたことを踏まえた措置。

ログインして全文を読む