厚生労働省は2016年6月14日、2016年度調剤報酬改定の疑義解釈資料(その4)を公表し、分割調剤の際の調剤料の算定方法に関する考え方を示した。分割指示の有無にかかわらず、「1剤」または「1調剤」として扱われるものについては、それぞれ調剤料を算定できるとした。

分割調剤時の調剤料の算定方法を示すの画像

ログインして全文を読む