6月5日、日本調剤(東京都千代田区)は都内で「第1回社内学術大会」を開催し、全国の支店から約400人の社員が集った(写真)。大会では、桜新町アーバンクリニック(東京都世田谷区)院長の遠矢純一郎氏による基調講演のほか、同社社員による一般講演が行われ、在宅や介護施設における服薬管理の工夫、薬薬連携の実践報告など旬なテーマが10演題並んだ。

日本調剤が第1回社内学術大会を開催の画像

ログインして全文を読む