厚生労働省は4月21日、抗アレルギー薬のフェキソフェナジン塩酸塩・塩酸プソイドエフェドリン(商品名ディレグラ配合錠)について、医薬品添付文書の「重大な副作用」の項に「急性汎発性発疹性膿疱症」を追記するよう指示を出した。同様に、OTC薬の塩酸プソイドエフェドリンまたは硫酸プソイドエフェドリン含有製剤についても、「使用上の注意」の改訂を指示した。

ディレグラの副作用に急性汎発性発疹性膿疱症が追加の画像

ログインして全文を読む