2016年4月20日、新薬7成分12品目の薬価が収載された。厚生労働省は留意事項として、高コレステロール血症治療薬のレパーサ(一般名エボロクマブ[遺伝子組換え])を使用する際に、診療報酬明細書の摘要欄への記入を求める通知を発出した。記入が必要な項目は、コレステロールの検査値や検査実施日、非薬物療法を実施している旨、併用中のスタチンの投与量、処方した理由など。

レパーサ処方時は検査値などをレセプトに記入の画像

ログインして全文を読む