経済産業省は2016年4月7日、今年1〜3月のグレーゾーン解消制度の活用結果を公表。薬局店頭における検体検査サービスについて、検査結果の通知が医師法第17条に定める「医業」に該当せず、また、同検査を行う施設が臨床検査技師等に関する法律第20条に規定する「衛生検査所」に該当しないことが確認されたと、照会元の事業者に回答していたことが分かった。

薬局での検体検査、結果通知は「医業に該当せず」の画像

ログインして全文を読む