麻薬取扱者の免許の有効期間がこれまでの最長2年から最長3年まで延長、さらに麻薬の譲渡許可の有効期間が最長1年から最長3年に延長されるなど、手続きの簡略化が図られることになった。この規制緩和により、在宅医療などで医療用麻薬が利用しやすくなりそうだ。

ログインして全文を読む