日本ベーリンガーインゲルハイム主催の「BIファーマシストアワード2016」において、長崎薬剤師在宅医療研究会(P-ネット)の中野正治氏の「在宅医療における開局薬剤師の取り組み」がグランプリに輝いた。準グランプリには、JA長野厚生連佐久総合病院の青木悠氏の「在宅医療支援への薬剤師の参画体制情報の整備とシステム構築の評価」が選ばれた。

BIファーマシストアワードで長崎P-ネットがグランプリ獲得の画像

ログインして全文を読む