日本保険薬局協会(NPhA)が会員薬局の管理薬剤師を対象に実施した調査の結果、薬剤師による訪問薬剤管理指導を行っている薬局が初めて5割を超えたことが分かった。また、訪問薬剤管理指導を実施している薬局のうち、薬剤師が3人以下の薬局が前年度比5.4ポイント増の52.6%を占めており、少人数の薬局でも訪問薬剤管理指導を手掛け始めたことがうかがえる。

NPhA調査、「在宅」実施薬局が初の5割超えの画像

ログインして全文を読む