日本保険薬局協会(NPhA)は2016年3月4日、記者会見を開き、16年度調剤報酬改定に対する見解を示した。NPhA会長でクオール(東京都港区)代表取締役社長の中村勝氏は、かかりつけ薬剤師指導料が新設されたことについて、「国民から選ばれる薬局づくりに邁進するとともに、かかりつけ薬剤師として指名される重みと責任感を強く感じている」と述べ、「地域の住民から信頼、尊敬、安心されるかかりつけ薬剤師を育てるため、一枚岩となって精力的に取り組んでいく」と強調した。

「かかりつけ薬剤師として選ばれる責任感持て」の画像

ログインして全文を読む