日本コミュニティファーマシー協会は2月11日、キックオフミーティングとして第1回ワークショップを開催した。数々の市民参加型プロジェクトに携わるstudio-L代表のデザイナー山崎亮氏を講師に招き、参加者は「こんな薬局になったら面白いのでは?」という模型作りを通して、地域に深く根差した薬局のコミュニティデザインを考えた。

「薬局発コミュニティデザイン」とは?の画像

ログインして全文を読む