扶桑薬品工業は2月19日、電解質補液(維持液)のリプラス3号輸液200mL FCとマルトース加乳液リンゲル液のラクトリンゲルM注「フソー」200mL FCを大阪府からの命令により回収すると発表した。2月18日から自主回収を開始していたが、命令を受け、回収命令としての対応に変更になった。回収の対象ロットはいずれも15I24Cと15J23Cで、計3万9500袋。納入先は全て特定できているという。

ログインして全文を読む