厚生労働省の医療情報ネットワーク基盤検討会は2月10日、「電子処方せんの運用ガイドライン」案を大筋で了承した。厚労省は同ガイドラインの策定と合わせて3月に関連省令を改正し、4月から処方箋の電子的な作成・交付・保存を実施できるようにする。

電子処方箋の作成・交付・保存が可能にの画像

ログインして全文を読む